まゆみの美容脱毛どきどき初体験チャレンジ日誌!

新規契約者数を伸ばすため

この頃の脱毛サロンの多くは、新規契約者数を伸ばすために体験キャンペーンを格安料金で提供しています。このような体験キャンペーンを組み合わせて利用し、格安で脱毛を終わらせてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と言い表します。



脱毛サロンを掛け持つとリーズナブルですが、カウンセリングを複数の脱毛サロンで受けるのは、手間だと感じる人もいるでしょう。




脱毛サロンに足を運ぶ前には、やはり肌を見られるわけだからきれいに毛を剃らないといけないと思って、きちんとムダ毛を処理して行きました。




ですが、実際見てもらう段階になってみるとたくさん剃り残しがあって、恥ずかしくなってしまいました。


なおかつ、毛の量や生え方を確認するために、剃らないで足を運んだほうがよかったのだそうです。全身脱毛のイメージとして、施術が痛くないかが気がかりです。最近では、大手サロンはもちろんマイナーなサロンでも光脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛が採用されています。




フラッシュ脱毛という方式では、一瞬のあいだだけ広範囲の脱毛部位に光をあてることによって脱毛処理を行います。ですので、他の脱毛方法に比べて断然痛みが少なくて利用者から高い評判を得ています。永久脱毛をすると本当に死ぬまで毛が生えないか疑問に思っている人も多いと思われます。永久的な脱毛を受けたら死ぬまでつるつるなのかというと、絶対ではなく生えてくる時もあります。



確実なのはクリニックで受けられるニードル脱毛なのです。その他の脱毛方法では毛が生える可能性が高いと考えてください。脱毛サロンに通った場合でも、すぐ効果があるわけではありません。




毛には「毛周期」といわれる、毛が生えてから抜けるまでの一定の周期があります。

これに合わせて毛を抜くことをしないと、完全にムダ毛無しにはならないのです。つまり、一回だけの脱毛で毛が生えなくなることはなく、少なくとも3カ月以上はかかると思っていてください。このところ、季節を問わず、薄着のスタイルの女性を良く見かけるようになってきています。女性の方々は、ムダ毛の処理方法にとても頭を悩ませていることでしょう。


ムダ毛を処理する方法は広くありますが、一番すぐに出来る方法は、在宅で出来る脱毛ですよね。




かつての脱毛は、「ニードル法」という針によって毛穴を刺激するものなど、痛みのあるものが多くありました。


ですが、近年の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」というものです。個人差がありますが、フラッシュ脱毛ならば少々ちくっとするくらいで、あまり痛みを感じずに終わります。


ただ、Vラインのような毛が濃い部分はちょっと痛みが強くなります。脱毛サロンへ行かずとも自宅ですれば、ご自分の都合のよい時に脱毛できるので、便利です。自己処理として剃刀を使うのが一般的ですが、皮膚を痛めなくとも処理が楽になる別な方法として、脱毛剤を使う方法もあります。


脱毛も技術の進化の恩恵を受けており、多くの種類の脱毛剤が流通しており、毛を溶かすものや、毛根から抜き取るものもあります。

先日、脱毛サロンのことや脱毛する際の注意点が載っていた雑誌を買いました。


生理の間は、肌が敏感になっているので、脱毛サロンへ行く時は生理時はやめた方が良いと書いてありました。

脱毛について全く無知だったので、見てよかったと思いました。



来週、永久脱毛のモニターとして脱毛サロンへ行くので、楽しみにしています。脱毛器の購入時の注意点は、安全性、使いやすさ、購入後のサポートの3点です。

どれほど脱毛効果があっても肌荒れや火傷を起こしてしまうような脱毛器は使用することができないので、購入時は安全性に注意してください。脱毛器が簡単に扱えるかどうかも購入前に調べてみましょう。



購入後の支援体制が十分だと想定外の事態に陥った時に安心です。